森林組合や製材所等材木関係者が壁パネルまで製作供給した場合

  • 収益向上
    丸太や製材だけの販売だけの販売では価格競争等で、収益を上げられないが、壁パネルまで製作することにより付加価値を創出できる。
  • 多角化
    木材の販売だけから、壁パネルや屋根パネル等の内外の加工部材や装備品製作へと業務領域が広がり、多角化が可能になる。

内装工務店がスケルトン供給を受けてインフィル専門事業者に特化した場合

  • 職人不足に対応
    プレカット及び壁パネル製作事業者に軸組だけでなく構造外壁から間仕切り壁までのスケルトン部材の製作委託で人件費削減。
  • 工期短縮
    基礎工事期間にプレカットができ、内外壁と屋根躯体が2日で完了、インフィル工事も多能工化した職人の取付け工事で収益向上。
  • 生産の合理化
    殆どの部材が委託生産の工場加工となり、加工場不要。
  • 他社との差別化
    内壁に石膏ボード貼り不要で木造躯体壁現しが可能なため、内外装や家具設備等を建て主に合わせた建築や独自の工夫が可能。

工務店が壁パネルも製作してスケルトン建て込みを専業化した場合

  • 生産性の向上
    プレカット事業者と連携することで、作業の専業化が進み、慣れることで生産性と質が大幅に向上できる。
  • 手離れがよい
    現場作業が短期間で、毎回似た工事で、予定も立て易い。
  • 躯体以外の部材生産可能
    余力を躯体以外の、屋根パネル等のオプション部材生産や内装工事等に向けることもでき、収益向上が図られる。
  • 新たな市場開拓
    工務店からの依頼だけでなく、DIY、デベロッパー、教育施設や社会福祉施設及び店舗オーナー、ホームセンター、内装工事者、一人大工等スケルトンだけ欲しいという注文への対応の可能性がある。
  • 建て込みだけの専業化
    繁忙の場合、他社の壁パネルを使用したスケルトンの建て込み提供も可能になる。

プレカット事業者が壁パネルや屋根パネルまで製作した場合

  • 他のプレカット事業者との差別化
    壁パネルの製作によって、顧客である工務店へ独自に工法まで提案でき、営業がし易くなる。
  • 既存の工場機械の活用
    新たな生産機械の導入が不要である。
  • 注文の増減に対応
    工場の閑散期に作り置きが可能になる。
  • 輸送経費の削減
    プレカット材と壁パネル、場合によっては屋根パネルまで生産出来れば、輸送がまとめられて経費削減になる。