那須の家

定年を迎え、農作業もしながらゆっくり生活したいご夫婦のための家です。時々見える二人の子供家族や客のための部屋と三台分の車庫も求められました。
敷地が広すぎて茫漠としており、ただ建てては、所在なげな佇まいになります。そこで茶臼岳から吹き下ろす冷たい風を、敷地の北と東の道路沿いに植えた防風林で保護し、建物もL字型に配して南の庭を囲い、全室から庭全体が見渡せるようにした平屋の住宅です。